持てる知識を振り絞り猫用おもちゃ作ってみた【・・遊ばなかった】

サビ猫「くー」

ねこちゃんの遺伝子検査【Pontely】

 

ホビー、おもちゃ全般買取【リサイクルネット】

 

 

猫を飼っていると猫を喜ばせたり、

おもちゃで遊ばせてあげたくなりますよね。

 

そんな思いを抱いたぼくは、実家のサビ猫の「くー」のために、

猫用おもちゃを作って喜ばせたいと、

 

ぼくは動いた(`・ω・´)!

 

 

・・・まあ、タイトルの通りです。

( ´_ゝ`)どうぞごゆっくり。

 

無限に遊べるおもちゃ

「人の手を必要としない、無限に遊べるおもちゃ」をコンセプトにした。

「くー」はよくビー玉を触って転がして追いかけたり、
小さい物ゴミなどにじゃれついたりしていた。

でもそれだと、家のあちこちに物が散らばってしまう。

環境にも優しく、じゃれても動かない物。

そして、家に誰も居ない時、「くー」が一匹でお留守番の時でも遊べる物を考えた。

 

 

 

そして・・はるのに電流走る

√レ- ( ´_ゝ`)ー√レ- キュピーン

 

 

圧倒的・・閃き・・っ!!

 

 

 

人類の叡智の結晶、

 

「起き上がりこぼし」

 

をベースにしたものを作ろう\( ‘ω’)/と思いました。

 

 

おもちゃの誕生

そして、

 

ぼくはついに、作り上げた。

 

 

猫のおもちゃ

猫用おもちゃ2号機(笑)

こんなん出来ました(*´_ゝ`)

 

・・小学生レベルである(小学生に失礼)

 

 

そして・・実はこんなんでも、

2号機なんだ( ´_ゝ`)・・。

 

 

「くー」に遊ばせてみた

・・乗り気ではなかった( ´_ゝ`)

 

 

2号機を直接動かしてみても食いつきは悪かった。

 

諦めて2号機を本来の用途である、置いた状態で放置した。

 

 

 

そして、母が語った。

 

 

ひと撫でして行った(笑)

 

 

・・つまらなかったのだろう( ´_ゝ`)

 

申し訳なさそうに触ってくれたのだろうか。

「くー」よ、気を使わせてしまったな( ´_ゝ`)

 

前作1号機について

1号機も新作の2号機と機能はほぼ同じである。

違うとすれば中心部の棒の長さである。

1号機は作った時、棒の長さは40cm程だった。

 

そして期間を空けて実家に戻ると、

1号機は家族の手によって改良されていた。

 

なんと、棒の長さが倍の80cmほどになっていた。

 

 

 

そして、棒の先端に付けられていた羽のような物は、

 

もはや、「くー」の視界には入らなくなっていた( ´_ゝ`)

 

 

3号機、そして伝説へ

2号機以外にも案があった。

 

猫はネズミが好きである。多分。

 

 

ぼくは案を実行に移すべく、
「3号機」の制作に取り掛かった。

 

 

 

 

そして・・・、

 

 

「3号機」新しい命の誕生である。

 

 

 

 

 

猫用おもちゃ

猫用おもちゃ3号機(笑)

 

「3号機」ネズミを意識して作っています。

 

撮る角度のせいで見た目が悪いだけです。

( ´_ゝ`)角度のせいです。

 

 

 

そしてまあ、肝心なのは使用性ですよね。

見た目なんて飾りです。

 

楽しんでくれたらそれで万事解決です。

 

 

 

「くー」の反応は・・、

 

 

素通りですね!( ´_ゝ`)

 

 

さいごに

読んでいただいてありがとうございました。

次回作にご期待しないでください( ´_ゝ`)

 

無限おかゆ試してみたら減っていった【おかゆは有限です】

楽しい街コンに行ったつもりが気が付いたら敗北していた【ありのまま起こったメシウマ話】

 

 

ねこちゃんの遺伝子検査【Pontely】

 

ホビー、おもちゃ全般買取【リサイクルネット】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です