1カ月の自転車旅で体験した良い事・悪い事・感じた事・どうでもいい事【125個】

 

 

 

ぼくは自転車で1カ月ほど旅をしました。

 

そんな中で体験した事を箇条書きにします。

いい事悪い事感じた事・どうでもいい事などを書きます。

 

前置き(当時のステータス)

  • 年齢=30歳童貞
  • 自転車=ママチャリ
  • 道のり=宮城~福岡
  • 移動した時期=4月

 

いい事・悪い事・感じた事・どうでもいい事

前向きな気持ちは大事。

 

荷物が重いのか自転車のスピードがあまり出ない

 

1日で長くて8~10時間自転車で移動。

 

ご飯は主にコンビニスーパーで買っていた。

 

荷物(バッグ)は基本的には自転車にチェーン錠で固定

 

自転車から離れる時は荷物を盗られないか心配になる。

 

山側ルートはきつい(上り坂が多くて距離も進めず時間もかかる)

 

1日100km余裕かと思ったらそこまで進めない

 

旅用にデジカメを買った何を撮ればいいかわからない

 

デジカメでは主に風景神社道路案内標識を撮っていた。

 

神社を見かけると寄って安全健康恋愛成就をお祈りした。

 

山の上り坂で立ち漕ぎで頑張って太ももが攣る

 

上り坂自転車を押し歩きするようになる。

 

山の方の上り坂は1,2時間押し歩きする事もある。

 

日本地図主要道路は分かる自転車旅には向いてないと思う。

 

道を間違えて引き返して時間をロスする事もあった。

 

道が合ってるか不安だと誰か居れば聞いて確認する。

 

グーグルマップナビになるし周辺も分かるので便利だと思う

 

暗くなったら移動したくなくなる

 

暗くなったら野宿も含めて寝れそうな場所を探し始める

 

テントは無く寝袋だけなので、雨風を凌げそうな場所を探す。

 

道の駅の休憩所24時間開いている所寝る事も出来る。

 

道の駅の休憩所無料で利用出来る。他に利用する人もいる。

 

大体は道の駅を通るルートを決める。

 

道の駅24時間開いていない所もある。

 

初日で野宿をする。

 

風呂(シャワーや銭湯)たまにしか使っていない

 

多少不潔でもほぼ自分一人なので特に気にしない。

 

ノートに日記を付けるが、特に面白い内容も無い

 

旅でかかったお金領収書を控える

 

携帯はガラケーだったからか特に使わなかった

 

夜は特にする事も無いので早く寝る。

 

4月でも山の方は寒い

 

寒くて風も吹いてる日野宿は寒すぎて中々眠れない

 

早寝早起きの生活になる。

 

二日目からは筋肉痛になる。

 

公衆トイレを良く利用する(給水、洗顔、歯磨き、体を拭く、髪を洗う、着替え、洗濯)

 

陽も上り明るくなったら移動を始める。

 

坂を上るきつさに比べると、坂を下るのは早い

 

下り坂風が気持ちいいし気分爽快

 

誰も居ないし独り言を言う事もあった。

 

山の方は歩行者が全然居ない。

 

山の方はコンビニや店が滅多にない

 

店が無いと食べ物が買えないので、余分に食料を買っていた

 

道の駅で、昔日本一周したというおじさんに声を掛けられる。

 

ご当地キーホルダーなどを買っていた結構な出費だった。

 

日本地図よりも道の駅にある無料の地図の方が良い。

 

足はむくんでいた

 

道の駅の休憩所で寝てる時、下が硬いと腰が痛くてたびたび起きた

 

野宿は割とぐっすり寝れる事が多かった

 

姉から何年かぶりに心配のメールが来た。

 

諦めて引き返す考えは無かった。

 

コインランドリー洗濯・乾燥をすると時間がかかるので待ち時間が暇

 

雨の日カッパを着て、荷物にブルーシートをかけるので見た目はヤバイ

 

横断歩道を渡ろうとして車に轢かれかける

 

カッパを着て頭部分を被ると視界が狭いので濡れるけど被らない

 

雨の日は萎える

 

雨の日無理して走らなくていいんじゃないか休むようになる

 

ネットカフェを寝泊まりに利用した。荷物が多くても入れた

 

ネカフェソフトクリームバーうめぇ

 

ネカフェにはシャワーが利用出来る店もある。

 

ネカフェで過ごすと普段の生活のようにだらけてしまう。

 

ネカフェで過ごすとお金がかかるので宿代は節約したいと思う。

 

ビジネスホテルは普段使わないので利用しなかった。

 

寝泊まり場所の利用率は順番に、道の駅 > 野宿 > ネカフェ だった。

 

 

 

日常生活の様々なシーンで使えるスマホ装着システム

【ワイズロードオンライン】

 

 

 

一日中パンを食べた日は夜にオナラが凄く出た(他の原因か不明)

 

サイクリング用パンツを履いてても尻が痛くなった

 

旅のほとんどを尻の痛さに悩まされる

 

サドルの上に敷いたタオルが、走行中に落としたのか無くなる。

 

自転車を前傾姿勢で漕ぐと尻が楽。

 

強い向かい風スピードも落ちるし体力も消耗するので押し歩きする。

 

強い横風も場所によっては怖い。

 

山を抜けたら(たまたまかもしれないが)それ以降はほぼ暖かかった

 

天気が良いと気分も良い

 

暖かいと長袖一枚でも大丈夫だった。

 

最初の方では寒かったのでは3,4枚着ていた。手袋も着けていた。

 

肌を露出させると日焼けする。

 

日焼け止めを塗ってたはずが、サングラス逆パンダになる。

 

逆パンダ部を日焼けするためにサングラスを着けなくなる

 

山の方じゃなければ大体平坦な道ばかりで楽だった

 

スーパーで店員にきゅうり売り場を聞いたら会話になり、旅に憧れると言われた。

 

内気な性格を直すためなるべく人と話すようにした

 

おばあちゃん優しくて話しやすい

 

おばあちゃんと話していたらご主人が近寄ってきて何言われるかと思ったら「話してくれてありがとう」と言われる。

 

誰とも話さない日もあったかなと思う。

 

道の駅の休憩所では似たように自転車旅をしている人に会える。

 

日本一周の旅をしている人自分の装備差を知る。

 

徒歩日本一周中の人にも会う。

 

道の駅の休憩所で寝ようと思っていたが怖そうな雰囲気の人が居たので、素性を確認しようと話しかける。

 

自虐ネタを話すようになる。

 

旅をしている人は企画計画を持って旅をしているようだった。ぼくには無かった

 

旅をしてる人でノートPC盗難されたと言ってる人が居た。

 

ぼくの場合は荷物が盗難されることは無かった。

 

で日本一周中という人と、何日後かに別の道の駅で再会した。

 

銭湯を利用した事は無かったが、初めて銭湯を利用してみた

 

銭湯では他の客や自分の股間が気になる

 

自転車に洗濯物を干すそのまま移動出来るし良い

 

自転車にパンツを干したまま走行しても、まあいいやと思う。

 

身だしなみあまり気を遣わなくなったと思う。

 

パンク旅中に一度あった。道路で細い針?みたいなのを踏んだよう。

 

パンク修理動画で覚えた気になったが実際に自分でやると直せず自転車屋で直してもらった。

 

走行する道によっては左に寄ったら危険な場所もある。右に寄るのも危険だけども。

 

トンネル内暗いので轢かれないかと怖い。(歩道が狭い所、無い所もある)

 

転倒事故を起こす事は無かった。

 

触れただけで体の悪い所を治すという胡散臭い人に会う。(どうやら有料っぽい)

 

胡散臭い人に試しにタダでやってもらう。しかし、特に変わらなかった

 

休憩中にキャベツを食べていたら、みかん生産者の方にみかんを食べさせてもらう

 

みかんを食べさせてくれた人に宗教の勧誘をうけて宗教本を貰う。

 

雨の日とか暇なときに宗教本を見る。

 

観光名所縁結びのお守りを買う。しかし、効果は無かった

 

焼き魚カルシウム補給と思って骨まで食べる

 

外国人写真撮ってみたいな事を言われて撮る。

 

目的地に着く事が目的だったので、前半はあまり寄り道をしなかった

 

旅の後半は気持ちに余裕が出来たのか、観光地に寄り道するようになった

 

観光地に寄って行くと結構時間が過ぎる

 

雨が続いた日同じ道の駅に出たり戻ったりして何日か寝泊まりした。

 

大盛りカレー(確か3kg)に挑戦する。食べきれず半分くらい残す

 

雨の日に道の駅の休憩所宗教に勧誘される。が、すでに宗教本を持っていた

 

休憩中にバイクでツーリングしていた人缶コーヒーを貰う

 

道を尋ねた人に、なんか励まされて泣きそうになった。

 

新しく住む家不動産屋行った翌日には入居出来たはず。

 

最終日前日、神社に居た人野宿出来そうな場所を聞いたら、物置を使っていいと言ってくれたが埃まみれだった。

 

最終日前日は、神社の敷地内のベンチの上で野宿をした。

 

旅の間はずっとオナ禁していた。

 

最終日、ベンチの上で起きたら夢精していた。

 

さいごに

どうでもいい話ばかりだったらゴメンナサイ(;・∀・)

 

みなさんも健康に気を付けてお過ごしください(∩´∀`)∩

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です