好きなキャラは自分を支えてくれた(へこんでも立ち上がれる)

 

辛い時、落ち込んだ時、失敗した時、弱気になった時、

そんな時、ぼくを支えてくれたのはマンガのキャラでした。

 

それは、週刊少年ジャンプで連載していた『めだかボックス』に登場する、

球磨川 禊(くまがわ みそぎ)というキャラです。

 

 

どんなキャラか個人的に言うと、

 

無感情で頭のネジが飛んでるような感じで、

笑顔で怖い事を言ったり、メンタル攻撃をしたり、

敵なのか味方なのか、悪い子なのか良い子なのか、

ひねくれていてあまのじゃくな感じであり、

コミカルな面もあって楽しませてくれたり、

情けない事も平気で言えるダサカッコ良さもあるんです。

 

 

ちなみに、ぼくが好きなシーンですが、

パンツ見せて見せて言ってる所です(笑)

そこで好きになったのかもしれません。

 

普通なら「パンツ見せて」なんてセリフ、

恥ずかしくて、情けなくて、ダサくて、言えないじゃないですか。

それなのに普通に言える所すごくカッコイイと思いました。

 

内気だったぼくは、人の目を気にしてそんな事は言えないので、

ダメージを受ける事を恐れないというか、

どんなダメージもへっちゃらな感じというのか、

ぼくもそんな風に強くなりたいと思わせてくれた憧れの存在です。

 

・・まあ、さすがにリアルで「パンツ見せて」とは言えませんけどね(;・∀・)警察を呼ばれるかもしれません。

 

 

そんな球磨川君に対する引用です。

彼は誰に対しても負けていて
生まれながらの敗北者で
だからこそ誰よりも強かった

 

強い子ですよねぇ。

そしてそんな姿がカッコイイんです。

 

 

作中では散々な言われようの球磨川君ですが、

自らがそんな立場に置かれていながらも、

それでも自虐的に読者を応援するセリフもあります。

 

 

 

ぼくが辛い時、落ち込んだ時、失敗した時、弱気になった時、

ふと、球磨川君の強さ・カッコ良さを思い出します。

 

ネガティブになりながら、ポジティブ精神も合わせ持つように、

 

「球磨川君が頑張ってるのに負けてられねぇ」

「こんな事でダメージは受けねえ」

「負けても負けねぇ」

 

って、強がってカッコつけてます。

ぼくのダメージを球磨川君が肩代わりしてくれる感じです。

 

そうして、ぼくに立ち上がる強さを与えてくれました。

 

 

 

まぁ、あくまでもフィクションマンガのキャラの話です。

 

ですが、ぼくを支えてくれて、いい影響を与えてくれました。

この作品に出会えて良かったなぁて思います。

 

 

 

みなさんは、落ち込んでそこから立ち直る時

みなさんを元気づけてくれるのは家族、友人、恋人などでしょうか。

 

そうでしたら、みなさんの周りにはとても素晴らしい人が居るんだなと思います。

 

 

 

ぼくにはそれがフィクションのマンガのキャラだったという、

 

寂しい奴のお話でした(||・∀・)

 

 

さいごに

本作はキャラに個性があって心を動かす言葉も多いと思います。

ぼくには中二病の大人向けのマンガって感じに思えましたが、

楽しく読ませてもらいました。良い影響を与えてくれたマンガでした。

 

 

みなさんには好きなキャラはいますか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です