雨の日の傘差し運転は危ないのでカッパを着ましょう!【雨の日の出会い】

 

ぼくは自転車で傘差し運転をよくしていました。

そんな時の話を書いていきます。

 

自転車での傘差し運転や、携帯の操作は相手も自分も危ないです。

ケガをさせないように、また、しないように気を付けてください。

 

雨の日のいい話?①

ぼくがバイトの夜勤業務を終えた帰り道の話。

 

前日の夜から雨が降っていて、翌朝も雨が降り続いていた。

 

ぼくは職場まで自転車で通っていて、

雨の日は傘さし運転だった。

 

※自転車の傘さし運転はダメだよ!

 

 

帰り道の途中で、

前から傘もささずに歩いてくる人が見えた。

 

 

ぼくは差している傘とは別に、

ネタで買った少し派手目な折りたたみ傘を、

念のために普段からリュックの中に入れていた。

 

 

まったく使う事もなかったので、

気まぐれでそれをあげようと思った。

お気に召すか分からないが。

 

 

濡れていた彼は外国人だった。

 

ワイルドな文化とかではないと思う。

 

 

ぼくは外国語が全然話せないので、

適当に話して折りたたみ傘を渡してバイバイしようと思った。

 

 

そしたら、彼に呼び止められた。

 

 

彼はビニール袋に入れていた携帯を取り出して、

連絡先を教えてくれと言ってきた。

 

 

ぼくはわざわざ返さなくていいのに、

律儀な外国人だなと感心して携帯番号を教えた。

 

 

その後、彼からショートメールで連絡が来ていた。

カタコトで「アリガト」だかお礼が書いてあった。

 

 

ぼくは「どういたしまして」だったか返事を返しておいた。

 

 

 

 

それ以来、彼から連絡が来ることは無かった。

 

 

 

 

雨の日のいい話?②

ぼくは職場まで自転車で通っていて、

雨の日はカッパを着るようになっていた。

 

それは、あんな事があったからだ。

 

 

 

ぼくは職場まで自転車で通っていて、

雨の日は傘さし運転だった。

 

※自転車の傘さし運転はダメだよ!

 

 

前に書いた外国人の話と同日だったか覚えていないが、

 

帰り道の途中で、

前から傘もささずに歩いてくる、

制服を着た女子中学生らしき人が見えた。

 

 

ぼくはカッコつけて、差していた傘を渡す事にした。

 

となりのトトロに出ている「カンタ君」のようにしてみたかったんだと思う。

 

 

ぼくは「すいません、傘どうぞ」だったか言って手渡した。

相手の女の子は無言で受け取ってくれた。

 

 

ぼくはそのまま濡れて帰っていった。

 

 

 

 

 

事案にはならなかった。

 

 

 

 

 

さいごに

自転車の傘さし運転は罰金があるようです。

また、片手運転は危ないのでカッパを着ましょう。

 

よい子のみんなは自転車の傘さし運転には注意しましょう。

 

自転車で約1カ月旅した話【宮城~福岡】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です